面接のポイント[社会人編・学生編]

社会人編

面接は「自社で活躍できるか判断するコミュニケーションの場」でもあります。

ポイント1採用者側の目的

面接における採用者は、大きく分けて次の3点について応募者を見極めようとしています。

『資質があるか』

職務経歴書通りの実績や、自社で活躍できる能力があるか

『意欲があるか』

志望動機がしっかりしているか、職務に対して熱意があるか、自発的に仕事に取り組む人物かどうか

『組織にとけこめるか』

組織への適応力があるか、社風に合いそうか

ポイント2応募者の目的

一方、応募者には次のことを確認する目的があります。

  • この仕事、職場は、はたして自分に適しているのか。
  • 自分の能力から見て、この職を選択することに誤りはないか。

※※この2点に注意し、自分にあった職業を見極めましょう。※※

ポイント3前職の仕事内容

職務経歴書とも合わせて過去の職歴・実績・経験をきちんと整理して説明することが重要です。

  • 応募した会社に対して役立つこと・アピールできることを事前に自分でも把握し、 強調して説明しよう。
  • 今までの職歴の中でどのような経験をし、実績を残し、何を得てきたのかを整理しておくことが大切です。
志望動機の説明がポイントです!! 営業職の場合

学生編

面接試験は会社が採用する人を選ぶだけでなく、私たち応募者にとってその仕事や会社が自分に合っているかどうかを見極める機会でもあります。

ここを押さえればバッチリ!面接に大切な3つのポイント!!

ポイント1面接の準備をしよう

「イメージトレーニング」や「シュミレーション」をしよう

面接で良い印象を与え、自分を売り込むノウハウを身に付けるには、イメージトレーニングやシュミレーションが大切。
面接でどんな質問をされるかを想定し、それに対する答えを何度も口に出して練習しておこう。
また、面接当日の行動をイメージした上で、持ち物や身だしなみをしっかり準備すること!!

自信を持とう

面接はあなたが試される場所。
自分の持ち味をアピールするには、自信をもって接しなければならない。
面接官を信頼させるためには、「きちんとあいさつする」、「背筋を伸ばして答える」、「相手の目を見て話す」など、堂々とした態度を心がけよう。

ポイント2面接のマナーを覚えよう

面接室への入室から、退室までの順序

ポイント3表情・態度・身だしなみをバッチリ決めよう

1.良い表情になろう
  • 笑顔はみんなを明るくする。
  • どのようなときでも自然な笑顔を保ち、良い人間関係を作っていこう。
  • 穏やかな目つきで、口元は自然な微笑みを浮かべる。
2.きれいに座ろう
  • あごを引き、目線は自然な高さにする。
  • 背筋を伸ばし、背もたれに寄りかからない。
  • すぐに立てるように腰をかける。ただし浅すぎるのも危険。
  • 足は組まず、靴底をしっかり床につけ、そろえて座る。特に女性は膝をそろえて座る。
3.身だしなみを整えよう
  • 仕事での身だしなみには、プライベートで楽しむオシャレとは違う。
身だしなみを整えよう 男性編 身だしなみを整えよう 女性編

お役立ち情報

働くなら、福井!(若者就職ナビ) ふるさと福井移住定住促進総合サイト「ふくい移住ナビ」 きらりと光るふくいの企業

スポジョブふくい ふくい園芸カレッジ


このページの先頭へ

サイトに関するお問い合わせ 福井Uターンセンター(ふるさと福井移住定住促進機構)
〒910-0858 福井市手寄1丁目4-1 AOSSA 7階
TEL:0776-43-6295/E-mail:fukui-utcenter@deluxe.ocn.ne.jp

Copyright 2011 Fukui U-turn employment network. All rights reserved.